レディス専門講座!低用量ピルの基礎知識

アフターピルで無排卵周期症や性病を予防できる?

アフターピルは「緊急避妊薬」と言われている薬剤です。

コンドームが破けていた、またコンドームをしないで性行為をしてしまったという場合、妊娠の確率が高まります。
この時、妊娠を望まないのであれば、アフターピルを服用しましょう。
成功以後72時間以内に、決められた分の薬剤を服用すれば妊娠のリスクは、大きく軽減します。

無防備な性行為をした時だけでなく、性暴力の被害に遭ってしまった場合も、アフターピルは女性を支えてくれる存在となるでしょう。
女性なら手元に持っていたいアフターピルですが、ピルといえば様々な治療に用いられる薬剤という事もあり、「無排卵周期症」も改善できるのではと、考える方も多いかと思います。

無排卵周期症は排卵が止まってしまう疾患です。
排卵が起こらない為、妊娠の確率はほぼゼロといっても過言ではありません。
婦人科などでは無排卵周期症の治療に、ピルを処方するケースもあるようです。

ですので、アフターピルでも無排卵周期症を改善できるのではと思ってしまいますが、アフターピルはあくまで緊急に服用する薬剤です。
治療の為に服用するのであれば、一般的なピルが有効です。
また、性行為をするにあたって気になる性病ですが、アフターピルだけでなく全てのピルで、予防する事はできません。
ピルはあくまで女性ホルモンのバランスを変え、避妊の効果や月経不順の改善、生理痛の緩和などに効果のある薬剤です。

女性ホルモンのバランスを変えても、性病を予防する事は不可能となっています。
ですので、性病を予防するにはコンドームの着用を、徹底しましょう。
ピルとコンドームを併用する事で、避妊と性病予防、この2つの効果が期待できる為、女性側としては安心です。