レディス専門講座!低用量ピルの基礎知識

低用量ピルの避妊成功率と喫煙について

望まない妊娠を防ぐために、ピルを飲むという選択肢がありますが、副作用が強いようなイメージがあったり、避妊に対するイメージから消極的になってしまう人がいますが、ホルモンの量を抑えた低用量ピルは、副作用が少なく、一般的になってきているため、抵抗なく服用する人が増えてきています。低用量ピルとは、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの働きで排卵を抑制し高い避妊成功率を発揮する薬で、中用量ピルや高用量ピルに比べて、副作用が少ないことが特徴です。
低用量ピルを正しく服用した場合の避妊成功率は約99%と高いため、正しく服用しているばあいは、避妊成功率が高い避妊方法であると言えます。また、他の避妊法と併用すると、さらに確実性が上がるため、望まない妊娠を避けることができるため、女性にとってとても役に立つ薬です。低用量ピルは、毎日一定時刻に1錠ずつ、21日間服用し、その後7日間の休薬かプラセボの服用中に月経が始まります。その後、次の新しい低用量ピルを服用することで、28日間を1周期として、規則正しく生理になり、月経痛が軽くなるというメリットもあります。
低用量ピルは、頭痛や気分の変化、ニキビなどの副作用があると言われていますが、内服を継続しているうちに症状が軽減することが普通で、重大な問題を起こすことはないと考えられています。しかし、喫煙は、静脈血栓症の発症リスクが高いとされているため、喫煙している人は、禁煙するか、他の避妊方法を選ぶ必要があります。頻度は低いとされていますが、血栓症や脳卒中、心筋梗塞などのリスクがあるため、それまで喫煙していた人は、禁煙をしてから、服用することが必要です。ピル服用中は、定期的に血液凝固系の血液検査を受けることで、安心して服用を続けることができます。